League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki
Advertisement


Vi(ヴァイ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー[]

原文[]

To Vi, every problem is just another brick wall to punch through with her gigantic hextech gauntlets. Though she grew up on the wrong side of the law, Vi now uses her criminal know-how to serve Piltover's police force. Vi's brash attitude, abrasive humor, and blatant refusal to follow orders can often infuriate her by-the-books partner, Caitlyn. But even the sheriff of Piltover cannot deny that Vi is an invaluable asset in the fight against crime.

As a child growing up in the lawless outskirts of Piltover, Vi learned to rob and cheat to get by. Stealing and stripping hextech hardware gave her the skills of a master mechanic, while life on the streets taught her self-reliance. When she was six, a ragtag group of criminals took a shine to the young delinquent and brought her into their fold. By the time Vi was eleven, she had become a seasoned accomplice, and she relished the thrill of every heist.

Vi's attitude changed when a raid on a mining facility went bad. She was forced to decide between fleeing with her crew or trying to save the innocent mine workers from a collapsed tunnel. Vi chose to play the hero. While searching for a way to free the mine workers from the rubble, she discovered a damaged robotic mining rig. Improvising, she wrenched off its huge fists and modified them into makeshift hextech gauntlets. Fitting the heavy weapons to her tiny hands, the young girl flexed her arm and threw a powered punch at the rubble. The force of the blow blasted away the rock. With the workers free to escape, Vi fled the scene.

After that job gone wrong, Vi severed her connection to the crew. She returned to a life of solitary crime, but stole only from other criminals. As the years went by, Vi modified and improved her hextech fists, allowing her to bust up heists and snatch loot with ease. Eventually, word of her notoriety reached Caitlyn, the famed Sheriff of Piltover. Rather than seek Vi's arrest, Caitlyn offered the criminal a way to pay her debt to society: work for the law in Piltover. Vi laughed. To her, a job that let her beat up crooks without forcing her to run from the cops sounded perfect. She immediately accepted. Caitlyn now struggles to keep Vi in line, and Vi treats Caitlyn's orders as mere suggestions, but when they work together, they are feared by all lawbreakers in Piltover.


"It's a shame. I've got two fists, but you've only got one face."

― Vi

日本語訳[]

自分がどんな問題に直面しようと、ヴァイにとっては巨大なヘクステック式パワーグラブで粉砕できるレンガの壁と同じである。法に裁かれる側の世界に生まれ育った彼女ではあるが、今はその犯罪のノウハウを生かして、ピルトーヴァー市警に奉公している。その無礼で不遜な態度やどぎついユーモア、そして露骨な命令違反のため、品行方正な相棒ケイトリンをよく激怒させてはいるものの、そんなお堅いピルトーヴァーの保安官ですら、ヴァイが犯罪と戦う上で掛け替えのない戦力であることを認めているのだ。

ピルトーヴァー郊外の無法地帯で幼年期を過ごしたヴァイは、生きていくために盗みや騙しの手口を学んだ。様々なヘクステック装置を盗んでは分解などしているうちに機械工としての技術を身につけ、路上生活からは、最後に頼れるのは自分だけという厳しさを叩き込まれた。6歳の頃、とある犯罪集団に見初められたヴァイは、仲間として迎え入れられた。やがて11歳になる頃には既に年季の入った悪党として犯罪の片棒を担ぐようになり、強盗としての刺激的な暮らしにどっぷり浸かっていたのである。

ヴァイの人生が大きな転機を迎えたのは、ある採掘場への襲撃が失敗した時のことであった。坑道が崩落し、ヴァイは仲間と一緒に逃げるか、土砂に閉じ込められた何の罪もない鉱員たちを救助するかの判断を迫られたのである。ヴァイは、後者を選んだ。救助の手立てを探しまわっていた彼女は、破損した採掘ロボットを発見する。ヴァイはその巨大なアームをレンチで取り外し、即席のヘクステック式パワーグラブに造り変えたのであった。そして、小さな両手に大きく重い武器を装着した少女は、がれきの山へ向かって強力なパンチを放ち、坑道を塞いでいた岩を粉々に吹き飛ばした! そして、鉱員たちが無事に脱出できたことを確認したヴァイは、何も言わずにその場を離れたのだった。

この事件のあと組織と袂を分かったヴァイは、再び一匹狼となって犯罪を続けたが、盗みは他の犯罪者だけを標的にするようになった。愛用のヘクステック式パワーグラブは年々進化していき、そのうち彼女にぶちのめせない悪党はいなくなり、あらゆる戦利品を難なく横取りできるようになった。ヴァイの悪名を耳にしたピルトーヴァー随一の保安官ケイトリンは、ヴァイの逮捕を目指す代わりに、司法取引として社会に対する贖罪の手段――ピルトーヴァー市警の一員になることを持ちかけた。ヴァイは笑いが止まらなかった。警察に追われる心配もなく、性根の腐った悪党どもをぶちのめせるなら、まさに一石二鳥だったからだ。断る手はなかった。その結果、ケイトリンは今、ヴァイの手綱をとるのに四苦八苦している。ヴァイはケイトリンの命令を単なるお小言としか捉えていないようだが、それでもこの二人が力を合わせる時、ピルトーヴァー中の犯罪者たちが震え上がる最強のコンビが出現するのである。

「アタイの拳は二つあるってのに、アンタの顔は一つしかねえのが残念だぜ!」 -- ヴァイ

セリフ[]

Upon selection[]

"Punch first. Ask questions while punching."
まずはパンチだ!尋問は殴りながらさせてもらうぜ。

Attacking[]

"A little smash and grab."
ちょいと殴ってかっさらうのさ。
"Here comes the punchline!"
ここはバシっと決めねえとな!
"Come on! Resist arrest already!"
おいおい、少しは抵抗しろって!
"One girl wrecking crew."
女一人の解体屋さ。
"Freeze! Or don't, I don't care."
動くんじゃねえ!いや、動いてもいいぜ。
"Put a dent in 'em!"
その顔ヘコませてやるぜ。
"Vi, hah, stands for violence!"
ヴァイは暴力! ヴァイオレンスのヴァイさ!
"Vi stands for vicious."
ヴァイは悪意! ヴィシャスのヴァイさ。
"Vi stands for vice."
ヴァイは堕落。 ヴァイスのヴァイさ。

Movement[]

"Here I come to save the day... or wreck it."
世界を救いにいや、ブッ壊しに来たぜ。
"They'll never know what hit 'em."
速すぎて見えねえだろう。
"Let's get crackin."
おっ始めようぜ。
"I'm doing this my way."
あたしのやり方でやらせてもらうよ。
"Piltover's finest."
あたしはピルトーヴァー最強さ。
"Plan? I don't need a plan."
作戦? そんなのいらねえよ。
"Let's get to the fun part!"
さあ、盛り上がって行こうぜ!
"Who needs a beat-down?"
ブン殴られたいのはどいつだ。
"If you hit a wall, hit it hard!"
壁なんざブチ壊してやらあ!
"Sometimes you gotta make a door."
出口がねえだあ? 作りゃいいだろう。
"I let my hands do the talking."
文句があるならこの拳に言いな。
"I'm my own backup."
自分の背中は自分で守るぜ

Joke[]

"We can either do this the hard way, or... Oh wait, no. There's just the hard way."
荒っぽいやり方で行くか、それとも…いや!荒っぽいやり方しか知らねえなぁ。
"Hmm, I like your smile. Gives me something to aim at."
素敵な笑顔ねえ。サンドバッグにちょうどいいぜ。
"I like your smile. Makes a nice target."
いい笑顔じゃねえか。ブン殴りたくなるぜ。
"Why can't I get a straight answer? It's always just 'Oh no! Stop hitting me! Ow, my face!"
さっさと吐けば楽になるのによう。どいつもこいつも「ああ、顔だけはやめてください!」とかわめきやがって!
"Welcome to the party. Try the punch."
パーティーへようこそー!飲み物はいかが? ポンチとか

Taunt[]

"I've got five reasons for you to shut up."
チッ、てめえを黙らせる理由は5つあるぜ
"If I want your opinion, I'll beat it out of you."
チッ、聞きてえことがあるならとっくに殴ってるぜ
"I like you as far as I can throw you... not even."
チッ、いい奴ってのはブッ飛ばせるヤツのことさ

Special[]

スキン&スクリーンショット[]

Advertisement