League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki
Advertisement
League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki

Urgot(アーゴット)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー[]

原文[]

There are warriors who become great for their strength, cunning, or skill with arms. Others simply refuse to die. Urgot, once a great soldier of Noxus, may constitute a case in support of the latter. Prone to diving headlong into enemy battle lines, Urgot sowed chaos throughout the enemy ranks, often sustaining grievous injuries in the process. When his body was unable to weather further abuse, the crippled Urgot was delegated the position of High Executioner of Noxus. By this time, his hands had been ruined and he could barely walk. Scythe-like grafts affixed to his maimed limbs served to carry out his bloody work.

Urgot finally met his end at what should have been his finest hour. Because of his military background, he often accompanied detachments into foreign territory to carry out judgment. After ambushing an enemy force, Jarvan IV, Crown Prince of Demacia, fell into the clutches of Urgot's division. Too far from Noxus to risk transporting their prize for ransom, Urgot prepared to dispose of their captive. At the final moment, however, the Dauntless Vanguard, led by Garen, the Might of Demacia, intervened, and Urgot was cut in two by the zealous warrior as he scrambled to free his Prince. In recognition of his service, the executioner's remains were remanded to the Bleak Academy for reanimation. A lifetime of abuse, however, had left his body in a catastrophic state; proving problematic to the necromancers' craft. Professor Stanwick Pididly, the prevailing scholar of Zaun, offered a solution. Within Pididly's laboratories, a nightmarish new body was forged for Urgot. Now as much machine as man, Urgot arrived at the League of Legends in search of the man who ended his life; necromantic energies coursing through his metal veins.

We can rebuild him. We have the techmaturgy. -- Professor Stanwick Pididly

日本語訳[]

偉大な戦士は、それぞれ腕力や知恵をもって、あるいは武器の扱いに長じることによって、その武勲を世に知らしめるものだ。だが中には、とにかく「生き延びる」ことによって名を成す者もいる。かつてノクサス軍の偉大な兵士であったアーゴットは、まさに後者の例の最たるものであろう。敵の前線に捨て身で切り込んでいく戦法を常としていたアーゴットは、敵陣を混乱に陥れることを得意としたが、その過程で自らも重傷を負うことがしばしばだった。酷使されつづけた彼の肉体がついに限界を迎え、体の自由が利かなくなった時、アーゴットにはノクサスの上級処刑官の役職が与えられた。この頃にはすでに両手の機能は失われており、歩くことさえおぼつかない状態であったため、動かなくなった手足の代わりに移植された大鎌のような義肢で、彼はその残酷な任務を遂行しつづけた。

アーゴットがついに最期を迎えたのは、彼が最高の栄誉を手にする寸前のことであった。その軍歴から、アーゴットはしばしばノクサス軍の派遣部隊に同行しており、遠征の先々で罪人を処刑する役目を負っていた。あるとき、敵軍への奇襲に成功した彼の所属部隊は、デマーシアの皇子であるジャーヴァンⅣの捕縛に成功したのであった。高額の身代金を見込める大戦果であったが、遠く離れたノクサスに移送するのはリスクが高すぎるという判断から、アーゴットは処刑の準備に取りかかった。ところが皇子の命を奪おうとした、まさにそのとき、“デマーシアの勇士”ことガレンの率いるドーントレス・ヴァンガード隊が駆けつけ、これを阻止したのである。その際、皇子を救出しようと果敢に切り込んできたガレンの刃に、アーゴットは体を一刀両断され息絶えたのであった。国の功労者である処刑人アーゴットの遺体は、ノクサスのブリーク・アカデミーに送られて、蘇生処置が施されることになった。しかし、長年酷使されつづけた彼の肉体は手の施しようがないほど損傷しており、死霊術師たちの技をもってしても蘇生は困難であることが判明したのである。しかし、そこへゾウンの権威ある学者であるスタンウィック・ピディドリー教授は、そうした諸々の問題への解決策をもたらした。かくして、ピディドリー博士の研究室で、アーゴットの新しくも禍々しい肉体が作成された。そして、金属の血管を巡る禁断の魔法エネルギーに命を吹き込まれた“誇り高き処刑人”は、人間とも機械ともつかぬ存在として生まれ変わったのである。アーゴットは今、自分を殺した男を捜し出すためにリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとなっている。

「彼の蘇生は可能だ。我々にはそのテクマトロジーがある」 -- スタンウィック・ピディドリー教授

セリフ[]

Upon selection[]

"Eternal life; endless torture."
 永遠の命は終わりなき拷問だ

Attacking[]

"Execute."
 処刑する。

"I detect the presence of scum."
 ゴミどもの存在を検知。

"Only I will remain."
 生き残るのは俺だけだ。

"They are condemned."
 全員死刑だ。

"Must... punish."
 必ず罰を。

"Death is the only escape."
 死ねば楽になる。

Movement[]

"Destination received."
 目標地点、確認。

"Cannot... rest."
 休むことは許されぬ。

"Endless misery."
 この苦痛を終わらせる。

"They will know fear."
 恐怖を身に刻め。

"The gift of eternal pain."
 永遠の苦痛をくれてやる。

"Systems ready."
 システム異常なし。

"The fortunate will be eradicated."
 幸福なる者は抹殺するのみ。

"Existence is torment."
 生きることは拷問に等しい。

"Hydraulics activated."
 油圧システム作動。

Taunt[]

"There is no coming back from your demise."
 残念だが、お前は死んだら終わりだ。

"Fear? No...I am the mindkiller."
 怖いか?死んでしまえば恐怖も終わるぞ。

Joke[]

"You can't beat me, so join me. I need a good pair of legs."
 俺は倒せん、仲間になれ。ちょうど新しい足が欲しかったところだ。

スキン&スクリーンショット[]

Advertisement