League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki
Advertisement

Teemo(ティーモ)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー[]

原文[]

Teemo is a legend among his yordle brothers and sisters in Bandle City. As far as yordles are concerned, there is something just slightly off about him. While Teemo enjoys the companionship of other yordles, he also insists on frequent solo missions in the ongoing defense of Bandle City. Despite his genuinely warm personality, something switches off inside Teemo's mind during combat so that the lives he must end while on patrol do not burden him. Even as a young recruit, the drill instructors and other trainees found it a little disconcerting that, while Teemo was normally charming and kind, he turned deadly serious and highly efficient the minute combat exercises began. Teemo's superiors quickly steered him toward the Scouts of the Mothership, which is one of Bandle City's most distinguished Special Forces unit alongside the Megling Commandos.

While most yordles do not handle solo scouting missions with a great deal of finesse, Teemo is remarkably efficient at them. His record of success in defending Bandle City from infiltrators easily makes him one of the most dangerous yordles alive, though you'd never know it by having a cup of honey mead with him at his favorite inn. Bandle City chose Teemo as their first champion for the League, and he has taken to it like a duck to water. His signature weapon - a blowgun - uses a rare ajunta poison he personally gathers from the jungles of Kumungu. To help cope with his lengthy periods of isolation, Teemo recently struck up a friendship with Tristana, a fellow League champion and fellow member of Bandle City's Special Forces. This connection is healthy for both yordles, though now Valoran's voracious media outlets circulate rumors that the friendship is turning into a romantic relationship. Regardless, Teemo is a crowd favorite in the League of Legends, and a pint-sized foe that many have come to fear.

Teemo rides a thin line between chipper compatriot and unrepentant killer, but there's no one else I'd rather have as a friend. -- Tristana

日本語訳[]

バンドルシティに暮すヨードルの同胞達にとって、ティーモは生ける伝説である。普通のヨードルと比べて、彼はほんのちょっぴり特殊なのだ。ティーモは他のヨードルとの仲間付き合いを好むが、同時にバンドルシティの防衛においては、ヨードルには珍しく単独任務を願い出ることが多い。また普段は極めて温厚だが、戦闘中はスイッチが入ったように冷徹になることでも知られている。警備任務中に何者かの命を奪うことになっても、まるで職務上の事として割り切っているようなのである。新兵だった若かりし頃も、普段は情に厚くて気さくな人柄である一方で、ひとたび戦闘訓練が始まると、表情を一変させて任務に没頭するという性格のギャップがあり、教官や他の訓練兵たちを一様に困惑させたという。しかしその適性を見抜いた上官たちは、すぐさまティーモを「マザーシップ偵察隊」に推薦したのであった。これはバンドルシティにおいて、メグリング強襲部隊と双璧をなす精鋭特殊部隊である。

通常、ヨードルは単独での斥候任務を苦手とするが、ティーモはそうした任務でこそ優れた能力を発揮し、これまでに幾度となく侵入者の魔の手からバンドルシティを救ってきた。行きつけの酒場でハチミツ酒を酌み交わしている姿からは信じがたいことだが、彼は紛れもなく「現役では最も危険なヨードル」の一人なのである。バンドルシティではティーモを最初のリーグチャンピオンに選出し、本人もまさに天職とばかりにこの仕事を気に入った。トレードマークの吹き矢に塗る「アジュンタ」という珍しい毒も、彼がわざわざクムングの密林から直々に採集しているものだ。なお、孤独に過ごす時間が長いティーモだが、最近は同じくリーグチャンピオンで、バンドルシティの特殊部隊員であるトリスターナとの交友を深めている。節度のないヴァロランの報道機関は、こぞって「ロマンチックな関係に発展しつつある」というゴシップを流しているが、二人の関係はどちらにとっても健全なものだ。何にせよ、リーグ・オブ・レジェンドで活躍するティーモは大衆の人気者であるが、小柄ながら大いに怖れられるチャンピオンであることも確かである。

「楽しい仲間か、それとも血も涙もない殺し屋か。ティーモは紙一重でその間を揺れているけど、あたしにとっては最高の友達なんだ」 -- トリスターナ ヴァロランの報道機関に向かって。

セリフ[]

Upon selection[]

"Captain Teemo on duty."
 ティーモ大尉、出る!

Attacking / Movement[]

"Swiftly!"
 素早く!

"Hut two three four."
 1・2・3・4!

"On my way."
 直ちに。

"I'll scout ahead!"
 偵察開始!

"Yes sir!"
 イエッサー!

"Armed and ready!"
 準備はできてる!

"That's gotta sting."
 目標補足!

Joke[]

"Size doesn't mean everything."
 体格は戦士としての能力とは比例しないのだよ。

Taunt[]

"Never underestimate the power of the Scout's code."
 そんなことでは自分の小隊には入れないぞ。

スキン&スクリーンショット[]

Advertisement