Fandom


Lux(ラックス)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Born to the prestigious Crownguards, the paragon family of Demacian service, Luxanna was destined for greatness. She grew up as the family's only daughter, and she immediately took to the advanced education and lavish parties required of families as high profile as the Crownguards. As Lux matured, it became clear that she was extraordinarily gifted. She could play tricks that made people believe they had seen things that did not actually exist. She could also hide in plain sight. Somehow, she was able to reverse engineer arcane magical spells after seeing them cast only once. She was hailed as a prodigy, drawing the affections of the Demacian government, military, and citizens alike.

As one of the youngest women to be tested by the College of Magic, she was discovered to possess a unique command over the powers of light. The young Lux viewed this as a great gift, something for her to embrace and use in the name of good. Realizing her unique skills, the Demacian military recruited and trained her in covert operations. She quickly became renowned for her daring achievements; the most dangerous of which found her deep in the chambers of the Noxian High Command. She extracted valuable inside information about the Noxus-Ionian conflict, earning her great favor with Demacians and Ionians alike. However, reconnaissance and surveillance was not for her. A light of her people, Lux's true calling was the League of Legends, where she could follow in her brother's footsteps and unleash her gifts as an inspiration for all of Demacia.

Her guiding light makes enemies wary, but they should worry most when the light fades. - Garen, The Might of Demacia

日本語訳編集

デマーシアの規範たる軍人一家の名門、クラウンガード家に生を受けたラクサーナは、生まれながらにして輝かしい将来を約束されていた。一家でただ一人の女児だったラックスは、幼い頃から名家の子女にふさわしい英才教育を受け、クラウンガード家にふさわしい豪奢な社交パーティにも顔を出した。やがて成長を重ねるにつれて、ラックスには特別な才能が備わっていることが明らかになっていく。その才能とは、そこにないものをあるように見せたり、遮蔽物のない場所で姿を消すことだったり、更には誰かが魔法を使うところを一度見ただけで、その仕組みを理解し、再現することができたのである。神童と讃えられたラックスは、デマーシア政府や軍部はもちろん、市民からも大いに愛されることとなった。

その後ラックスは、女性としては史上最年少で魔法学院の魔力検査を受け、その際に、光を操るという珍しい能力の持ち主であることが判明する。若きラックスは、その才能を大切な授かり物として受け止め、世のために役立てるべきだと考えた。やがてラックスの特殊能力を知ったデマーシア軍は、彼女を軍務に迎え入れ、潜入工作の訓練を施すこととなる。以後、危険な任務を次々と成功させていったラックスは、瞬く間に有能な軍人として広く名を知られるようになった。そしてついにはノクサス最高司令部の内部に直接潜入し、同国とアイオニアの紛争に関する重要な内部情報の入手に成功したのである。この功績によってデマーシアとアイオニアの両国から大いに称賛されることになったラックスだったが、偵察や諜報の任務を続けることを彼女は望まなかった。あくまでも人々を照らす光になりたいと願った彼女は軍務を離れ、兄の足跡を辿るようにリーグ・オブ・レジェンドの門を叩いた。そしてチャンピオンとなった“光の才女”は、その才能をフィールド・オブ・ジャスティスで存分に発揮し、今日もデマーシアの人々に希望を与えている。

「他者を導くラックスの光を、敵は恐れている。だが最も恐ろしいのは、光が消えたときなのだ」 - デマーシアの勇士、ガレン

セリフ編集

Upon selection編集

”Tactical decision, summoner!"
 戦術的な決定ね!

Movement / Attacking編集

”Going!”
 向かってるわ!

”I love it when a plan comes together.”
 計画通りって感じね。

”We can do this.”
 私たちならできるわ。

”Lighting the way.”
 この道を照らすわ。

”I’ll look into it.”
 任せて。

”Stay positive.”
 ポジティブに行きましょう。

”Great decision!”
 いい考えね!

”I never think about losing.”
 負けることなんか考えない。

”Banish the shadows!”
 影を消してあげる!

”Illuminate the enemy!”
 敵に光を!
”Light'em up!"
 光よ!

On Using Final Spark編集

”Demacia!”
 デマーシア!

Taunt編集

“With your power level, I suggest you forfeit instead.”
 戦闘力5?はっきり言ってゴミね。

”In the name of Demacia, I will punish you!"
 デマーシアに代わって、おしおきよ!

Joke編集

”Double rainbow? What does it mean?…”
 ダブルレインボー? 何それ、どういう意味?

”Well, a "double rainbow" is a phenomenon of optics that displays a spectrum of light due to the sun shining on droplets of moisture in the atmosphere. Does that explain it?”
 ダブルレインボーとは、大気中の水滴の中で屈折した太陽光が観察者の目には屈折回数の異なる二通りのスペクトルに分かれて届くため、2つの虹があるように見えるの。お分かり?

”Light mage? I'm just an ordinary mage.”
 光の魔女? ううん、普通の魔法使いよ。

”Shhh! I'm charging my laser..." (whispering)
 シーッ! ビームをチャージしてるの…。

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2010-10-19
  • ソーサレスラックス - 2010-10-19
  • スペルシーフラックス - 2010-10-19
  • コマンドーラックス - 2011-06-17
  • 帝国兵士ラックス - 2011-11-29
  • 鋼鉄軍人ラックス - 2013-02-01
  • 星の守護者ラックス - 2015-03-18
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。