Fandom



Lulu(ルル)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

Perhaps more than any other champion in the League, Lulu marches to the beat of her own drum. During her youth in Bandle City, she spent most of her time wandering alone in the forest or lost in a daydream. It wasn't that she was antisocial; the day-to-day bustle of Bandle City just couldn't compete with the vibrant world of her imagination. She saw wonder in places most people overlooked. This was how she found Pix, a fae spirit, pretending to be stuck in a birdhouse. Lulu's imagination distinguished her to Pix and he seized the opportunity to lure her into his world. He brought her to the Glade, the enchanted home of the fae, which lay nestled in a clearing in the woods. There the rigid properties of the outside world - things like size and color - changed as frequently and whimsically as the direction of the wind. Lulu felt at home in the Glade and she lingered there with Pix, fascinated by this secret place.

She quickly lost track of time. Her life in the Glade was comfortable and natural. She and Pix played fae games together, the sorts of games that she had been told were make believe... and she got exceedingly good at them. It caught her by surprise when she suddenly remembered that she had left a life behind in Bandle City. The Glade had a way of making everything outside seem distant and surreal. Lulu decided to revisit her former home, to share some of the lovely things she'd learned, but when she and Pix returned the world had changed. Time, she discovered, was another property that behaved differently in the Glade, and centuries had passed while she was away. Lulu sought to reconnect to the residents of the outside world but her attempts had unfortunate results. She led all the children off to play hide and seek, temporarily changing them into flowers and animals to spice up the game, but their parents didn't appreciate her efforts. When the yordles insisted that she leave their land, she turned to a vibrant magical place where those with unusual gifts were not just accepted but adored: the League of Legends.

The best path between two points is upside-down, between, then inside-out and round again. -- Lulu

日本語訳編集

リーグで活躍するどのチャンピオンよりも、ルルのマイペースぶりは群を抜いている。バンドルシティで暮らしていた幼い頃の彼女は、森をひとりで散歩しているか空想にふけっていることが大半だった。他人と関わるのが嫌いだったわけではない。ただ、せわしないバンドルシティでの日常には、活き活きとした空想の世界へ思いを馳せる事が欠かせなかったのだ。ルルは、普通なら誰も気にとめないような場所に、心躍るような発見をする少女だった。鳥の巣箱に閉じ込められたふりをしていた妖精「ピックス」を見つけたのも、そんな彼女の才能のおかげと言えるだろう。ルルの並外れた想像力に感心したピックスは、彼女を自分たちの暮らす世界へと誘い入れたのである。ルルが案内されたのは、森の中の少し開けた場所にある妖精たちのすみか、「不思議の原」だった。その摩訶不思議な空間では、外の世界では決して変わることのない物の大きさや色といったものが、風向きが変わるようにころころと変化する場所だった。心を奪われたルルはすっかりこの場所が気に入ってしまい、ピックスと共にしばし留まることにしたのである。

不思議の原での暮らしは、ルルにとってあまりに心地よく自然なものであったので、彼女はたちまち時の経つのを忘れてしまった。ピックスと一緒に遊ぶ妖精たちのゲームはそれまで「ただの空想」と言われていた類のものだったが、ルルの腕はみるみる上達していくのだった。そんなある日、外の世界のことを突然思い出したルルは、自分がバンドルシティでの生活をすっかり置き去りにしていることに気づき、がく然とする。不思議の原にいると、外の世界のことが、何故かすべて遠い夢の中の出来事のように思えてしまえるのだ。「おうちに帰って、ここで知った素敵なことをみんなに教えてあげなくてはなりませんわ――」 そう思ったルルがピックスとともに外の世界へと戻ると、そこはすっかり様変わりしていた。不思議の原では時間の流れ方も違っているらしく、初めて不思議の原に端を踏み入れた時から、もう何世紀もの時が過ぎていたのだ。ルルは懸命に、外の世界の住人たちと打ち解けようとした。だが彼女の努力は不幸な結果を生んでしまう。子どもたちをかくれんぼに誘い、ゲームを面白くしようと彼らを少しの間だけ花や動物に変身させたルルを、子どもたちの親は快く思わなかった。そしてとうとうバンドルシティのヨードルたちは、ルルに街を出て行くよう命じたのだった。こうして居場所をなくしたルルが次に目指した行き先は、ありとあらゆる魔法が飛び交い、特別な才能を持つ者が受け入れられ、しかも称賛を受けることができる場所――リーグ・オブ・レジェンドだった。

「目的地を目指すときに一番いいルートはね… まず逆さまになって、それから隙間を通って、ついでに裏返しになって、もう一周すればいいのですわ!」 -- ルル

セリフ編集

Upon selection編集

"Pleased to meet you."
お会いできて光栄ですわ。

Attacking編集

"Dust 'em, Pix!"
ピックス、お願い!

"Too tall... Much too tall."
皆さん、大きすぎますわ

"A solid giggle should do the trick."
ほーらもっと笑って笑って!

Movement編集

"I recommend skipping."
スキップスキップ。

"Just a pinch."
ふんふふんふふーん

"Yup! That tasted purple!"
あ!ちょうちょ!

"You'll see more with your eyes closed."
眼を閉じた方が色々見えますわ。

"Whoa, dizzy."
わあ、目が回る。

"Nosy dew drop."
ねえピックス喉乾かない?

"Never look a tulip in the eye."
チューリップの眼を見ちゃダメよ。

"That squirrel looks familiar."
 あのリスさんどこかで会ったかしら?

Upon casting Whimsy on an enemy編集

"Adoribus!"
かわいくなあれ!
"Fuzzy!"
もふもふ!
"Delightify!"
ちちーんぷい!
"Transmogulate!"
大変身!
"Cuddly incoming!"
ふっかふかー!

Upon casting Whimsy on an ally編集

"Zippy!"
ぴゅーん!
"Vroom vroom!"
いけいけー!
"Hot foot!"
駆け足ー!

Upon casting Wild GrowthWild Growth編集

"Hugify!"
おっきくなれー!
"Tremendo!"
おっきくなーれ!br />  "Up we go!"
えーい!

"Enormivis!"
ほーら!

Joke編集

"I could go for a twirl. Whoa, whoa whoa!" (Lulu uses her hat to spin around her staff)"
さぁ御覧なさいな。あわわわわ!っと(帽子を使って自分の杖のまわりを回転する)

"Let's put on our thinking caps. Hmm... AH, I GOT IT!"
いい考えが浮かびますように!ふんふふんふふーん。あ!閃いた!

Taunt編集

"Come on you! Let's dance. HA!"
ほらほら踊りましょ。はっ!

"Let's go around again! HA!"
ほーら、もう1回!ふふん。

スキン&スクリーンショット編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。