Fandom


LeeSin(リー・シン)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー編集

原文編集

As a young teen, Lee Sin was intent on becoming a summoner. His will and dedication were unmatched by any of his peers, and his skill drew the attention of Reginald Ashram, the League's High Councilor at the time. While studying at the Arcanum Majoris, Lee Sin became frustrated with instruction paced for the other students. He spent his free time researching the nuances of summoning in hopes of graduating sooner. He made amazing advances in his arcane studies, surpassing all other students. By all indications, he would have become one of the League's greatest summoners were it not for one terrible mistake. Too impatient, he attempted to test his ability by summoning a beast from the Plague Jungles. What he summoned instead was a young boy, but not in one piece. He barely had time to look the boy in what was once his face before the jumbled human mass fell lifeless to the floor. A League investigation later revealed that the boy's entire village was obliterated by feedback from the ritual.

Lee Sin's talents were so promising that the League was willing to overlook the incident, but he could never forgive himself. He left the Institute and journeyed to the Shojin Monastery for eternal repentance, swearing never to practice magic again. Years later, hoping to atone for his crime with martyrdom, he set himself ablaze as a protest of the Noxian occupation of Ionia. He remained alive in this state, enduring searing agony for weeks. His actions paved the way for a League match wherein Ionia prevailed, but by the time he was doused, his eyes had been burned completely from their sockets. Hailed as a savior, he was reborn, and his will to act invigorated. He joined the League of Legends to continue his atonement with sweat and blood, a true monk's only possessions.

The actions of one may sunder the world, but the efforts of many may rebuild it. - Lee Sin

日本語訳編集

思春期を迎えたばかりの頃のリー・シンは、サモナーになるという夢に燃えていた。その意志の強さと情熱は同世代の子どもたちとは比較にならず、技能の面でもとりわけ突出していたため、当時リーグの上級評議員だったレジナルド・アシュラムの目に留まることとなった。こうしてアルカナム・マジョリスに入学したリー・シンだったが、他の生徒たちのペースに合わせた授業に苛立ちを覚えるようになり、自由時間に自習を重ねてサモナーの技の機微を学び、通常より早期の卒業を目指すことにした。結果、召喚学で目覚ましい成長を遂げた彼は学内トップの成績を収め、周囲からも、将来リーグ史上最も優秀なサモナーとなるに足る素質の持ち主と認められていたのである。しかし若きリー・シンは、ある日取り返しのつかない過ちを犯してしまう。自らの力を過信し、プレイグジャングルから獣を呼び出して腕試しをしようとした。だが、召喚は失敗した。獣の替わりに召喚されたのは幼い少年であり、四肢の一つとして無事な状態ではなかった。召喚された少年は、リー・シンがその顔を見る間もなく、ぐちゃぐちゃの肉片となって床に崩れ落ちた。その後リーグが行った調査によれば、このときリー・シンが行った儀式の影響で、その少年の暮らす村全体が跡形もなく消え去っていたという。

リー・シンは極めて将来有望な生徒だったため、リーグはこの件についてお咎めなしとする意向を示したが、本人は自分が犯した過ちを許すことができなかった。学院を去り、遠くアイオニアまで旅をした彼は、自らが犯した罪を生涯悔い改めつづけるため、精仁寺の門をたたき、二度と魔法に手を染めないことを誓ったのである。それから幾年もの年月が過ぎ、殉教者として罪を清めたいと願ったリー・シンは、アイオニアを占拠するノクサスの横暴に対する抗議として、自らの体に火をつけた。彼はその後数週間、燃える体で生きつづけ、強烈な苦しみに耐え抜いたという。その後、リー・シンのこの行動が契機となり、ノクサスとの間にリーグでの試合が開催され、アイオニアは勝利を収めることとなる。しかし、彼をあぶる火がようやく鎮火されたときには、その両目は完全に燃え尽きてしまっていた。一国の救世主として世に認知され、生まれ変わったリー・シンは、新たな活動に従事する活力を取り戻していた。リーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとなった彼は、真の修行僧が唯一所有を許されるもの、すなわち、自らの汗と血で、過去の過ちを償いつづけている。

「一人の行いが世界を切り裂こうとも、大勢の努力が再建するだろう」 - リー・シン

セリフ編集

Upon selection編集

”Your will, my hands.”
 汝の意思、我が技と成ろう。

Attacking編集

”Strike firmly!”
 確実に打つのだ!

”Their heartbeats quicken.”
 奴らの鼓動が早まっている。

”Worry not.”
 心配ない。

”I’ll see this through.”
 「視えて」いるぞ。

”Act free of doubt.”
 疑念は無い。

Movement編集

”Quiet steps…”
 静かな足運び……。

”Extend your senses…”
 感覚を広げるのだ……。

”Where am I needed?”
 私を必要としているのか?

”Find your center.”
 集中せよ。

”I will atone.”
 我が贖罪。

”Master yourself, master the enemy.”
 己を律せよ、敵を律せよ。

”Waste not a minute!”
 一分とて無駄には出来ぬ!

”We do what we must…”'
 我々の成すべき事をするのみ……。

Taunt編集

”Force is meaningless without skill!”
 技の通わぬ力など無意味!!

”You have not earned victory this day!”
 今日この日、貴様は勝利を掴むことは出来ぬぞ!
 

Joke編集

”Blindness is no impairment against a smelly enemy!”
 目が見えずとも、臭いで敵を感じ取れる!

スキン&スクリーンショット編集

  • デフォルト - 2011—04-01
  • 伝統的な衣装リー・シン - 2011—04-01
  • 従者リー・シン - 2011—04-01
  • 龍拳リー・シン - 2012-06-10
  • ムエタイリー・シン - 2012-07-24
  • プールパーティリー・シン - 2013-09-11
  • SKTT1リー・シン - 2014-05-05
  • K.O.リー・シン - 2015-06-01
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。