League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki
Advertisement
League of Legends Japan - LoL 日本- Wiki

Draven(ドレイヴン)はRiot Gamesが開発したゲームLeague of Legendsに登場する架空のキャラクター。

ストーリー[]

原文[]

Unlike his brother Darius, victory in battle was never enough for Draven. He craved recognition, acclaim, and glory. He first sought greatness in the Noxian military, but his flair for the dramatic went severely underappreciated. Thirsting for a method to share "Draven" with the world, he turned his attention to the prison system. There he carved out the celebrity he desired by turning the tedious affair of executions into a premiere spectacle.

At Draven's first execution, he shocked onlookers when he ordered the doomed prisoner to run for dear life. Just before the man managed to flee from sight, Draven brought him down with a flawless throw of his axe. Soon, all Draven's executions became a gauntlet through which Noxian prisoners raced for a final chance at life. He used this trial as his own personal stage, and turned executions into a leading form of entertainment. He rallied onlookers into a frenzy, while desperate prisoners scrambled to evade him. They never succeeded. Rejecting the solemn, black uniforms of Noxian executioners Draven donned bright outfits and developed flashy signature moves to distinguish himself. Crowds flocked to see Draven in action, and tales of his performances spread quickly. As his popularity grew, so did his already-inflated ego. He belonged at the center of attention. Before long, the scope of his ambitions outgrew the population of Noxus. He decided that the glorious exploits of Draven should be put on display for the entire world.

日本語訳[]

兄のダリウスとは異なり、ドレイヴンはただ戦で勝利するだけでは満足できない性分だった。自らの名を知らしめ、喝采を浴び、名声を得たい… そう熱望していたドレイヴンは、当初はノクサス軍に入隊し輝かしい戦績を上げようと意気込んだものの、派手で目立ちたがりの性格ゆえに、まるで評価されなかった。「ドレイヴン」の名を何としても世界に広めたい彼が最終的に行きついたのは、刑務所制度だった。ドレイヴンは退屈な処刑の業務を一大スペクタクルショーに仕立て上げることで、望みどおりの名声を存分に得られる場所を自ら作り上げたのである。

ドレイヴンが初めて手がけた処刑で、見物人たちは度肝を抜かれた。彼は死刑に処される囚人に、逃げきれば命を助けてやると告げた。しかし、走り出した囚人の姿が視界から消えかけたその瞬間に、寸分の狂いもない斧の一投でこの男を葬ったのである。以降ドレイヴンが担当する処刑では、ノクサスの囚人たちが最後の望みをかけて全速力で逃げるのがお決まりとなった。こうしてドレイヴンは処刑人の業務を自らのステージとして利用し、死刑執行を一大エンターテインメントへと昇華したのである。ドレイヴンが煽り立てると熱狂する観客たち。必死に逃げようとする囚人。しかし、囚人たちが逃走に成功することは決してないのだった。ノクサスの処刑人が通常着用するような黒く地味な制服を拒み、鮮やかな色のコスチュームに身を包んだドレイヴンは、トレードマークとなる派手な動きを開発しては、自らを演出していった。群衆はドレイヴンのショーにこぞって詰めかけ、彼のパフォーマンスの話題は瞬く間に広まった。そして人気の高まりとともに、もともと過剰気味だった彼の自尊心も、ますます膨れあがっていったのである。一躍時の人となったドレイヴンは、やがてノクサス国内の人気では飽き足らなくなっていく。ますます野心を燃えたぎらせるこの輝かしき処刑人は、自らの偉業を全世界の観客に披露するためにリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとなったのである。

「何をもって『最高』とするか。それは俺の気分次第なのさ」 -- ドレイヴン

セリフ[]

Upon selection[]

"Welcome to the League of Draven."
 「リーグ・オブ・ドレイヴン」へようこそ。

Attacking[]

"Stand back."
 下がっとけ。

"Let's do this."
 やってやろうぜ。

"Watch and learn."
 見て学んどけ。

"I have the best job."
 最高の仕事だぜ。

"Hit 'em where it hurts."
 痛いとこを突いてやるぜ。

"Something need killin'?"
 誰か殺されたいか?

"This is where Draven shines."
 この場所でこそ俺は輝く。

"Hear that? Death's knocking."
 死の声が聞こえたかい?

"Seems to be blood everywhere I go."
 俺のいる場所はいつも血にまみれてるぜ。

Movement[]

"Smooth."
 順調だ。

"Man, I'm good."
 おい、俺はいい調子だぜ。

"Don't be jealous."
 ヤキモチ焼くなよ。

"I've got pain to serve."
 誰かを痛めつける準備ができたぜ。

"Perfection? I got that."
 完璧? 今の俺はそうだろ?

"Got axes, need victims."
 斧をとったから、次は犠牲になる奴が必要だな。

"Now this is how to move."
 こうやって動くんだ。

"Places to go, me to see."
 どこでも指示したら、向かうぜ。

"Let's admire me for a bit."
 ちょっとは認めてくれよな。

"Subtle? I don't do subtle."
 器用だって? そうでもないぜ。

"Doesn't get better than this."
 これが一番だぜ。

"No followin' these footsteps."
 アイツらの足取りを追うなんて馬鹿馬鹿しい。

Upon using Improved Recall or Teleport[]

"Draven out!"
 バーイ!

"Draven's makin' an exit."
 ドレイヴンはおさらばするぜ。

Upon catching a Spinning Axe[]

"Too easy."
 楽勝だな。

"I'll take that."
 貰ったぜ。

"Here we go."
 行くぜ。

"Why, thank you!"
 おう、ありがとよ!

Upon catching an enemy's Spinning Axe[]

"Yoink."
 あらよっと。

"Nice axe, I'll take it."
 いい斧だな、貰っておくぜ。

Joke[]

"Not Draven; Draaaaven."
 ドレイヴンじゃねえ;ドゥレェェェイヴェンだ。

"Draven does it all... with style!"
 俺は何でもやるぜ……カッコ良くな!

Taunt[]

"Who wants some Draven? Heheheh."
 だれかドレイヴンが欲しい奴はいないか? ヘッヘッヘ。

"Come out and play. Heheheh."
 こっちに出てきて遊ぼうぜえ。ヘッヘッヘ。

スキン&スクリーンショット[]

Advertisement