Ahri(アーリ)の説明。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

Original[編集 | ソースを編集]

Unlike other foxes that roamed the woods of southern Ionia, Ahrihad always felt a strange connection to the magical world around her; a connection that was somehow incomplete.Deep inside, she felt the skin she had been born into was an ill fit for her Her dream seemed forever out of reach, until she happened upon The wake of a human battle.It was a grisly scene, the land obscured by the forms of wounded and dying soldiers. She felt drawn to one: a robed man encircled by a waning field of magic whose life was quickly slipping away. She approached him and something deep inside of her triggered, reaching out to the man in a way she couldn't understand.His life essence poured into her, carried on invisible strands of magic.The sensation was intoxicating and overwhelming.As her reverie faded,she Her sleek white fur had receded and her body was long and lithe, was delighted to discover that she had changed.the shape of the humans who lay scattered about her.

However, though she appeared human, she knew that in truth the transformation was incomplete.A cunning creature, she adapted herself to the customs of human society and used her profound gift of beauty to attract unsuspecting men. She could consume their life essences when they were under the spell of her seductive charms.Feeding on their desires brought her closer to her dream, but as she took more lives, a strange sense of regret began to well within her. She had reservations about actions which never troubled her as a fox She realized that she could not overcome the pangs of her evolving morality.In search of a solution, Ahri found the Institute of War, home of the most gifted mages on Runeterra. They offered her a chance to attain her humanity without further harm through service in the League of Legends.

"Mercy is a human luxury, and responsibility."-Ahri

日本語訳[編集 | ソースを編集]

アイオニア南部の森を住みかとする他の狐達と違い、アーリは幼いころから常に自分と、世界に満ちる魔力との、奇妙な結びつきを自覚していた。同時に、その結びつきがまだ完全でないこともまた悟っていた。

アーリの心の奥には、自らの狐の姿への違和感がくすぶり、いつか人間になることを夢見ていた。その願いが叶うことは永遠にないと思われた――そう、人間同士が争う戦場に遭遇したあの日までは。

それは、見るも無残な光景だった。大地を埋める、傷ついた兵士たちと力尽きた死者たち。そのうちの一人、ローブをまとった男の身体の周囲に、今にも消えそうな魔力の力が渦巻いていた。男の命の炎は、まさに消えんとしていた。アーリが引き寄せられるようにその男に近づいていったそのとき、彼女の中で何かが弾け、男を求めて放たれた。なにをどうやっているのか、アーリは自分でも理解できなかった。ただ、目に見えない魔力の糸を通じて、男の精気がアーリの体内に取り込まれていく。意識が朦朧とするほどの強烈な快感がアーリを包み、ようやくわれに返ったとき、彼女は自分の身に起きた変化に狂喜した。滑らかな白い毛皮は消え、代わりにそこにあったのは、すらりとしなやかな身体。それは紛れもなく、彼女の周りに倒れる人間と同じものだった。

こうして人間の身体を手に入れたアーリだったが、彼女は自分がまだ完全な人間になれたわけではないことも理解していた。狐は狡猾な生き物である。彼女は人間社会の習慣に適応し、その完璧な美貌を武器に、無防備な男たちを誘惑していった。彼女は魔力で虜にした男たちから精気を吸い取り、彼らの欲望をエサに、真の人間になるという悲願の成就へ向けて着々と近づいていったのである。ところが、人の命を奪えば奪うほどに、アーリの中には、これまで味わったことの無い感情が生まれてきた。狐であった時には何の躊躇いも感じなかった所業に対し、良心の呵責を感じるようになったのである。日に日に大きくなる自責の念に耐えきれなくなった彼女が救いを求め、辿りついた先はルーンテラ有数の魔術師が集う抗争統制省であった。そこに集う当代最高峰の魔導師達によって、アーリはリーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとなる報酬として、罪無き人の命を奪うのではなく、心身ともに夢であった人間となる機会を与えられたのである。

「慈悲は人だけに許された贅沢… そして責任でもあるのよ」
-- アーリ

セリフ[編集 | ソースを編集]

Upon selection[編集 | ソースを編集]

"Don't you trust me?"
 私を信じてくれないの?

Attacking[編集 | ソースを編集]

"Play time's over."
 もう遊びは終わり・・。
"They're mine now."
 もう私の虜よ。
"It's too late for mercy."
 もう許してあげない・・。
"Let's have some real fun."
 真の楽しみに身を窶しましょう。
"No one will stand in my way."
 私を阻むことなど誰にも出来ないわ。
"They've exhausted their use."
 彼ら、もう「役立たず」になっちゃったわ・・・。

Movement[編集 | ソースを編集]

"Shall we?"
 いいかしら?
"Indulge me."
 私を満足させて。
"How tempting."
 そそられるわ。
"Don't hold back."
 遠慮しなくていいのよ。
"Tell me a secret."
 あなたの全てを教えて。
"Don't you trust me?"
 私を信じてくれないの?
"I know what they desire."
 どうして欲しいかわかってるわ・・・。

Joke[編集 | ソースを編集]

"If you'd like to play with me, you'd better be sure you know the game."
 私と「楽しみたい」のなら、ちゃんと「ゲーム」を理解する事ね?
"Come try your luck, if you think you're in my league. (giggles)"
 かかってきなさい、私に釣りあうと思うなら・・・(フフフッ) ※out of one's league=高嶺の花 とleagueを掛けている

Taunt[編集 | ソースを編集]

"Should I make your pulse rise? Or...STOP! (giggles)"
 あなたの鼓動、もっと早くしてあげましょうか? それとも……止めて欲しい?(フフフッ)

スキン&スクリーンショット[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。